就業規則相談所

就業規則 Q&Aに戻る

 

 

三六協定と残業の命令拒否


当社は三六協定を結んでいますが、残業の命令をしたところ、従業員が拒否してきました。どうすれば残業命令に従わせることができるのでしょうか?


三六協定は、労働基準法第36条に基づく労使協定です。時間外労働は本来法律違反ですが、三六協定を結べば、法律違反として使用者が罪に問われなくなります。

労使協定はこのような免罰効果を持つにすぎません。残念ながら、労働者を残業命令に従わせる効果は無いのです。

そこで就業規則の登場です。就業規則に時間外労働の命令に従業員が従わなければならない旨を記載すれば、それは包括的合意事項となり、労働者を従わせる効果を持ちます。

さらに、業務命令に従わない場合、懲戒処分を行うことを規則に記載すれば、業務命令拒否に対する抑止効果ができます。

参考:労使協定
労働者の過半数で組織する労働組合(過半数労働組合がなければ、労働者の過半数代表者)と使用者との書面による協定。免罰効果をもつ。

画面トップ

 

Copyright (C) 2009 Tokyo Soken. All Rights Reserved