賃金改定Q&A 

 

賞与(ボーナス)


年俸制にした場合、ボーナスはなくなるのですか?

いいえ。必ずしもそうではありません。

例えば今まで夏と冬に2ヶ月分の賞与が出ていた場合、

  1. 年俸を16分割して16分の1を月ごとに支給。

  2. 16分の2を賞与として夏・冬に支給。

というように構築すれば、社員の方にとって「2か月分の賞与を年2回もらう」という今までと違和感ない支給方法にすることができます。

(下図参照)

上半期の業績を夏季賞与、下半期の業績を冬季賞与に反映させたいといった場合は、賞与を別予算とします。

  1. 年俸を12分割して月ごとに支給。

  2. 年2回の賞与は、企業の業績で決定された予算を個人成績に比例してを分配。

問題は、社員の年俸額によっては、年俸を12分の1を毎月支給し、賞与を廃止する「完全年俸制」のほうが社会保険料の節減になる場合があることです。

また、年俸の16分の2を支給するという労働契約を締結した場合、企業様にはそれを順守する義務が生じます。業績の変動を考えた場合、賞与は業績に応じた変動型を選択したほうが良いかもしれません。

賃金改定Q&Aに戻る 

 

 

Copyright (C) 2012 Tokyo Soken. All Rights Reserved