就業規則相談所

就業規則 Q&Aに戻る

 

 

労働者代表の選出方法


就業規則の制定の際、うちの職場には労働組合がありませんので、労働者の過半数を代表する者から意見を聴くことになりました。労働者代表はどのように選出すればいいのですか?


選出方法は次の方法のいずれかで行うのが一般的です。

  1. 投票を行い、過半数の支持を得た者を選出する。

  2. 挙手を行い、過半数の労働者の指示を得た者を選出する方法。

  3. 候補者を決めておいて、回覧によって信任を求め、過半数の支持を得た者を選出する方法。

なお、労働者の過半数を代表する者は、次のいずれにも該当する者でなければなりません。

  1. 労働基準法第41条第2号に規定する監督又は管理の地位にあるものではないこと。

  2. 就業規則に関する意見を提出するために、労働者の代表を選出するということを明らかにし、実施される投票、挙手等の方法による手続きにより選出された者であること。

 

これは認められません!

  • 使用者が一方的に指名する方法

  • 親睦会の代表者を自動的に労働者代表にする方法

  • 一定の役職者を自動的に労働者代表にする方法

  • 一定の範囲の役職者が互選により労働者代表を選出する方法

使用者の方にご注意

労働者が過半数代表者になろうとしたこと、過半数代表者であること、過半数代表者として正当な行為をしたことを理由として、不利益的な取扱いをすることはできません。

 

■就業規則作成のご相談

就業規則作成のご相談は下記連絡先までどうぞ。相談のみの場合は無料ですのでお気軽に!

  • 就業規則(正社員用)
  • パート就業規則
  • 育児休業および育児短時間勤務に関する規則
  • 介護休業および介護短時間勤務に関する規則
  • 給与規程(成果主義賃金体系導入など賃金体系見直しを行う場合は別途見積り)
名称 東京労務管理総合研究所
代表 特定社会保険労務士 富澤憲明
電話 042-367-3925
FAX 042-306-5200
e-mail syaroshi@myad.jp
フォーム フォームでお問合せ

画面トップ

 

Copyright (C) 2004-2012 Tokyo Soken. All Rights Reserved